会社について

代表挨拶

藤伸興業は常に時代の先を読みながら歩み続けます

 

取締役社長兼最高経営責任者 齋藤篤史
信頼とプロ意識で広がる藤伸の世界

当社は建設部門と派遣部門の二本立てで運営しております。
まず建設部門についてですが、創業以来38年以上に渡り携わる建築土木業は「古くて新しい」仕事です。江戸時代までルーツを遡ることができる一方、日々進化を遂げる建築土木の世界では時代の最先端に接する機会もまた多いのです。いわば、人が営みを続ける限り必要とされる仕事と言えるでしょう。一般的には「よくわからない」とか「ちょっと恐そう」、「きつそう」と受け止められがちな仕事でもありますが、だからこそ、当社のモットーは「信頼・プロ意識・スピーディー」。信用と信頼を第一に、お客様と社員を大切にする経営を続けています。
失われた20年といわれた経済低迷期も、お客様から「藤伸さんは良い」と評価いただくことが多かったのも、当社の「確かな技術」と、「お客様の声をよく聞くお付き合い」を心がける人材を認めていただいたからこそだと思っています。そんな当社もベテランが高齢化しつつあります。その中で若い人材を広く募り、次代の藤伸を担う人材=人財に定着してもらいたいと考えています。具体的には、従来どおり社会保険関連の完備はいうまでもなく、初心者への安全教育や技術指導のいっそうの充実、資格取得などスキルアップを目指す社員には会社が補助をして応援する体制づくりに積極的に取り組んでいます。
さらに経験が有る料理人が腕を振るう食堂や、リニューアルをした寮など、福利厚生の環境も整え、安心して働いてもらえる会社であると自負していますので、地方から上京したい若い子達に是非応募をして貰えたら幸いです。

受託する業務の内容も建設・土木に留まらず石油化学プラントや造船、電鉄関連など多様化しており、初めて業界に飛び込む方々には非常に幅広い世界を知り経験を積む良い場になること請け合いです。
鳶の会社なら鳶だけ、舗装の会社なら舗装だけ。一般的に限られた職種でしか仕事に携わる事が出来ませんが、藤伸では様々な職種経験をする事によって、自分の進みたい目標を決めて資格支援制度を利用して資格の取得を積み重ねて行く事が出来る。
これは建設業界に多数の取引会社を持つ弊社ならではの経験。
そんな学校や修業の場のような利用の方法が藤伸にあると思っております。

次に派遣部門について。

藤伸の人材派遣部門はさまざまな働き方をアプローチできる、非常に有用な内容と思います。多岐にわたる労働のスタイルを提供する事によって幅広い人達と接する事が出来る事が楽しみであります。
職業紹介制度にて正社員を目指すのも一つ、逆にあえて派遣社員やパートとして働き方も一つ。
人それぞれの事情がありますので、カウンセリングをしながら個々に合った仕事にマッチングするお手伝いをするのが、派遣業のやりがいの一つだと思います。

また、今後の日本の少子高齢化社会において労働力の減少が明確になってきている中、直近の課題として外国人の活用が話題になっており、これは必然の流れです。
そこで弊社は、日本人に限らず外国人を積極的に雇用する体制を取る事で、外国人雇用に消極的もしくは取り扱い方が解らないと言った企業様と一緒に外国人と共生した労働環境を創り出していく提案をしてまいります。
言語・文化が異なる為に生じるトラブルには蓄積された対応力が物を言いますので、その対応力が弊社の魅力になるよう体制を作り上げております。

常に前を向いて進む藤伸興業にお客様はじめ皆さまからのたくさんのアプローチをお待ちしております。

社風はアットホームです。「働きやすい」という社員の声も聞こえてきます。ここにさらにやる気のある人材が加わってくれることを期待しています。そんな人材に望むことは一つだけ、「人の話をよく聞いてコミュニケーションを大切に思ってくれること」です。

経営感覚を鋭く研ぎ澄まし、常に“次”を目指します。

当社は1979年に私の父が創業し、今年で38年を迎えます。2代目である私は「やがて経営者になるなら、広い世界を知っておこう」と、大学卒業後、IT業界へ。今では若い人を中心にすっかりおなじみのモバイルサイト等を多数運営する店頭公開したIT企業のスタートアップから成長期を体験。ITベンチャーならではの事業展開や資金調達といった手法を学びながら、「父の経営する建設業もIT業も企業としては同じだ」と気づくこともできました。
実の父とIT企業の当時の社長 という二人の経営者の背中を見ながら、「トップであるということ」、「リーダーシップを取るとはどういうことか」も学び、自分なりの経営者としての姿勢を整えられたことは今も財産になっています。
現在では、社員の人生も背負っているという自覚のもと、景気の波の変動が大きいこの業界で勝ち残るため、常に時代の波を見極める努力を続けています。海外ニュース等のチェックはもちろん、世相を大きく反映するタウンウォッチング(街角を行き交う人や車を観察する)もよく行っています。変化を敏感に感じ取り、「次の変化」に対応すべく早め早めに準備をする。こう心がけて経営に当たっていますので、「会社は絶対に潰さない」という自信と覚悟があります。
同じ業界だけにとどまっていては視野は広がりませんので、積極的に異業種の経営者と交流するなど幅広い交友関係づくりも心がけています。
例としては、芸能界とのビジネス・コラボレーションやスポーツ選手とのスポンサー契約などの宣伝活動など新たなチャレンジに積極的に取り組んでおり、従来にもましてコトづくりとヒトづくりに力を入れて参ります。

常に前を向いて進む藤伸興業にお客様はじめ皆さまからのたくさんのアプローチをお待ちしております。

株式会社藤伸興業 取締役社長 最高経営責任者 齋藤篤史

社内アンケート

当社では2014年7月に社内アンケートを実施しました。
その結果を社内アンケートページで掲載して社長メッセージとしてコメントを掲載していますので、
ぜひこちらもお読みいただけたらと思います。

≫藤伸興業社内アンケートページを見る