用語集

安全第一(あんぜんだいいち)

1906年アメリカUSスチール社社長・エルバート・ヘンリー・ゲーリー氏が、会社の経営方針を改め『生産第一、品質第二、安全第三』から『安全第一、品質第二、生産第三』とした。結果、労働災害は減少し、製品の品質、生産性が向上し『アメリカ』全土に広がった。日本では、1912年小田川全之氏が『安全専一』と訳し、足尾銅山に導入したのが初めて。