人材派遣事業部

キャリア形成支援制度

TSKに登録されたスタッフはキャリア形成支援制度プログラムを定期的に受講して頂きます。
平成27年9月30日に労働者派遣法が改正施行され、新たな許可申請基準のひとつとして、派遣労働者へのキャリア形成支援制度を有する事が追加されました。

キャリア形成支援制度とは

  1. 派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施計画を定めていること
  2. キャリア・コンサルティングの相談窓口を設置していること
  3. キャリア形成を念頭に置いた派遣先の提供を行う手続きが規定されていること
  4. 教育訓練の時期・頻度・時間数等(1年以上雇用見込み 毎年概ね8時間以上)
キャリア形成支援制度写真

TSKでは、既に3年間の研修プログラムを作成しています。
安全衛生・コンプライアンス・セクハラ・パワハラ等、よく耳にする言葉ですが、
体系的にまとまった研修をした事がない方が少なくない現状だと思います。
現場で事故に遭わないための安全衛生研修・現場でのトラブル等にどの様な対応していくか、トラブルに巻き込まれない為の研修です。
1年間に3回・8時間予定しております。

TSKをご利用される企業様へ

TSKの研修プログラムを受講したスタッフ達は企業様の戦力となります。
現場でのトラブルや現場で怪我(労働災害)が減り、生産性が上がります。
企業様からのご依頼があれば、プログラム変更も可能です。現場に則した研修プログラムを作成し、スタッフに研修を行います。

キャリア支援制度の流れ

  1. STEP1派遣登録

    派遣登録を希望する、人材がTSKに派遣登録を行います。キャリアシートを記入し、希望業種を決定します。

  2. step02新人研修

    希望業種に関する新人研修を行い、理解を深めます。

  3. STEP3キャリア研修

    年3回研修を行います。

    3年間の研修プログラムを作成し、体系的な研修を受講します。

  4. STEP4業務開始

    研修後、派遣先での業務開始です。一定期間で定期研修を受講します。

    img_step05l定期研修

人材をお探しのご担当者様へ人材をお探しのご担当者様へ