人材派遣事業部

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間中、派遣先企業と派遣スタッフ、双方の合意のもと直接雇用(正社員・契約社員など)となる働き方です。
派遣先企業にとっては、人材の適正や職場での働き方を見極めて正式採用ができるというメリットがあり、派遣スタッフにとってはじっくりと就業先を選べ、業務を経験してからの採用となるので、離職率も低くなります。

紹介予定派遣イメージ図
紹介予定派遣イメージ図

紹介予定派遣の特徴

  • 最長6ヶ月の派遣契約を結び、派遣期間終了後に正社員や契約社員などとしての直接雇用を行う事ができる。
  • 派遣期間中の業務指示は就業先の企業の上司が行う。
  • 派遣スタッフの就業中になんらかのトラブル、悩み事があった場合、TSKの担当者に相談ができる。
  • 派遣契約終了後に、企業と派遣スタッフの双方の合意のもとに正社員や契約社員などとして直接雇用を行う事ができる。
  • 双方または、いずれかに正当な理由がある場合契約を辞退することができる。
  • 企業と派遣スタッフの合意で雇用した場合、給与・福利厚生は雇用した企業が支払う。

紹介予定派遣メリット

企業は、派遣期間中に人材の適正や職場での働き方を見極めることができ、企業の求める人材かを見定めてから正式採用ができます。
派遣期間終了後、もし企業と派遣スタッフ双方の合意が得られなかった場合は、あらたに他の派遣スタッフを紹介することが可能です。
派遣期間中の給与・福利厚生はTSKから支払われます。