採用情報

基本的な業界知識

藤伸興業では建設業を主体とする様々な現場で作業を行います。
そのうえで、業界に関する基礎的な知識を紹介します。

 

用語集を見る

 

建設業界の工事名について

No 工事名 内容
1 土木一式工事 総合的に企画・指導・調整をもとに土木工作を建設する工事
2 建築一式工事 総合的に企画・指導・調整のもとに建築物を建設する工事
3 大工工事 木材を加工、建造物を作る又は、取り付けをする工事
4 左官工事  建設物に、米度、モルタル、しっくい、繊維などをこて塗り、ふきつけ又は、貼り付ける工事
5 とび・土工・コンクリート工事業 1.足場の組み立て、機械器具、建設資材などの運搬や配置。鉄骨などの組み立て、解体を行う工事
2.くい打ち、悔い抜き工事
3.土砂等を掘削、盛り上げ締固め等行う工事
4.コンクリートにより工作物を作る工事
6 石工事 石材(コンクリートを含む)の加工や工作を行い、石材に取り付ける工事
7 屋根工事 瓦、スレート、金属板など設置する工事
8 電気工事 配電・変電・送電設備や建設物内に電気設備などを設置する工事
9 管工事 冷暖房、給排水などの設備を設置し、金属製などの管を使用して水・油・ガス・水蒸気等を送る設備を取り付ける工事
10 タイル・れんが・ブロック工事 レンガやコンクリートブロックを使用し、建設したり、設置する工事
11 鋼構造物工事 鋼材の加工をしたり、組み立てたりして、建造する工事
12 鉄筋工事 棒状の鋼材を加工したり、接合し組み立てる工事
13 ほ装工事 道路等の地面をアスファルト、コンクリートや砂利、砕いた石などを用いてほそうする工事
14 板金工事 金属板等を加工し、建設物に取り付け等を行う工事
15 ガラス工事 建物等にガラスを加工して取り付ける工事
16 塗装工事 塗料、塗材を建設物等に吹付けや塗付けを行う工事
17 防水工事 アスファルト、モルタル、シーリング材等を用いて、水が漏れないようにする工事
18 内装仕上工事 木材や吸音板、壁紙、ふすま等を用いて、建築物内部のほそう仕上げを行う。
19 機械器具設置工事 機械器具などの組み立てを行い、設置する工事
20 熱絶縁工事 建設物などに 電流、熱などが流れないようにする工事
21 電気通信工事 無線・優先に関わらず通信設備を設置する工事
22 造園工事業 庭、公園、緑地等の世知、樹木の植栽、景石の据え付けにより築造・整備する工事
23 さく井工事 さく井機械等を用いて、井戸掘りや試錐を行うこと。
24 建具工事 金属製又は、木工の建具(シャッターや自動ドア、ふすまなど)を設置する工事
25 水道施設工事 上水道、工事水道等排水の施設を建造すること、又は、下水道の処理設備を設置する工事
26 消防施設工事 火災警報設備(消火栓・スプリンクラーなど)の設置又は、避難設備などを取り付ける工事

 

 

装備品について

現場で使う道具は現場によって違います。
藤伸興業では、入社が決まると日常で使う備品は購入していただくことになります。
防護マスクなど特殊なものについては、貸し出しも行っています。
代表的なものをあげました。どんな備品があるか確認してみましょう。

 

 

  • 安全帽

    安全帽

  • 安全ゴーグル

    安全ゴーグル

  • 防護マスク

    防護マスク

  • 安全帯

    安全帯

  • ラチェットレンチ

    ラチェットレンチ

  • 番線カッター

    番線カッター

  • 防護靴

    防護靴

  • 長靴

    長靴

安全知識について

恐れる必要はありませんが、建設現場での作業は危険がつきものです。
身の安全はもとより、現場の方に迷惑をかけないように、安全についてはしっかり学ぶべき問題です。 いくつか、重要なものを紹介します。

 

保護具の廃棄基準

保護帽

保護帽本体

帽体の材質がPC,PE,ABS等の熱可熱価塑性樹脂製の者は3年以内。
FRP等の超硬化樹脂製の者は5年以内を交換基準としましょう。

 

【点検ポイント】

  • 1.縁に欠損又は亀裂がないか
  • 2.衝撃の跡がないか
  • 3.すり傷がおおくないか
  • 4.汚れが著しくないか
  • 5.メーカーが開けた穴以外の穴が開いていないか
  • 6.ガラス繊維が浮き出していないか(FRP製品)
  • 7.着装体取付け部に亀裂がないか
  • 8.著しい変色が認められないか
  • 9.帽体と着装体の取り付け部に破損、滅失等はないか。
  • 10.変形していないか。

着装体(防護帽の内部素材)

1年以内で交換しましょう。必ずメーカーの同一形式のものを使用しましょう。

※一度でも大きな衝撃を受けた場合、外観に損傷が無いものでも使用しないようにしましょう。
 頭を守る大切なものですので常に注意をしてください。

 

【点検ポイント】

着装体・あごひも
  • 1.使用者が改造していないか
  • 2.環ひもが伸びたり著しく汚れていないか
  • 3.縫い目がほつれていないか
  • 4.ヘッドバンドが損傷していないか
  • 5.汗、油等によって著しく汚れていないか
  • 6.ハンモックが損傷していないか

衝撃吸収ライナー
  • 1.熱、溶剤によって変形していないか。
  • 2.著しく汚れていないか
  • 3.傷が著しくないか

安全帯

安全帯は、高所作業時に落下を防止するベルトと命綱が組み合わされた個人防護具です。
正しい装着方法はもとより、廃棄基準についてもしっかり学びましょう。

 

ベルト
摩耗・擦り切れ・切り傷・焼損・溶解などの確認3mm以上の摩耗や切り傷等があるもの
ロープ・ストラップ
切り傷や摩耗、型崩れ、薬品の付着の有無や溶解、さつま網の確認
1.切り傷:ロープ1本で1ヤーン(糸)以上切れているもの
2.摩耗:外部ヤーン及び、7ヤーン以上摩耗しているもの
3.禁句・型崩れ:禁句しているか、また7ヤーン以上変形崩れがあるもの
4.薬品・塗料:塗料が付着して軟化しているもの。また、薬品が付着し変形しているもの
5.焼損・妖怪:7ヤーン以上溶解があるもの
6.さつま編み:さつま編みが一か所でも抜けているもの
バックル
変形や摩耗・傷の確認
1.変形:変形し、閉まり具合が悪いもの
2.摩耗・傷:1mm以上の摩耗や傷のある者
環類
変形や摩耗・傷の確認
1.変形:目視で変形が確認できるもの
2.摩擦・傷:1mm以上の摩耗・傷があるもの。リベットの頭部が1/2以上摩耗したもの
フック
変形や摩耗・傷の確認
1.変形:外れ止め装置の開閉作動の悪いもの
2.摩耗・傷:かぎ部内側に傷があるもの。または、外周に1mm以上の摩耗・傷があるもの、リベットの頭部が1/2以上摩耗したもの
伸縮調整期
変形や摩耗・傷の確認
1.変形:目視で変形が確認できるもの
2.摩耗・傷:1mm以上の摩耗・傷等があるもの、リベットの頭部が1/2以上摩耗したもの
巻き取り機
機能不良や損傷の確認
1.変形:目視で変形が確認できるもの
2.損傷:ベルト通し環が破損しているもの

現場での安全確認・マナーについて

現場に入場する服装・保護具について

現場で作業開始前に朝礼が行われます。その時点で、当日の作業にあった服装(通常は作業着)と保護具をもち参加してください。
保護具は、その日の作業に応じてフル装備を用意してください。

 

作業開始前の点検について

作業を行う前に、必ず各点検を行います。
作業をする場所、例えば、足場や工具類、保護具を点検し適正であるかを確認する必要があります。
自分の身を守るために、そして事故を起こさないために、重要な事項となります。

 

機械・原材料・燃料などの危険性について

  • ・機械類は各機械に応じた適切な使用方法を守って使ってください。
     有資格者しか操作ができないクレーンや車両系建設機械もありますので、無資格の方は絶対に操作しないでください。
  • ・原材料は、「有機溶剤」等が含まれた危険性のあるものも存在します。
     必ず、MSDS(SDS)セーフティーデータ(安全注意書き)を熟読し、かつ緊急時の対応措置も理解した上で使用してください。
  • ・軽油、ガソリン、灯油等の燃料は可燃性があり、非常に危険です。
     取扱には注意し、指定された場所で適切に管理して使いましょう。

 

第三者への被害の防止

工事施工の現場はほとんど第三者(工事関係者以外の人)に隣接して作業が行われます。
振動・騒音の抑制(防止)はもとより、第三者に被害が及ぶ飛来落下事故に注意し十分な配慮と対策が必要です。

 

最後に

いかがでしたか?基本的な部分のみ紹介しましたが、ここには掲載できないものもたくさんあります。
つづきは、藤伸興業の研修で学び、先輩たちにも教えてもらいましょう。

 

求人のお問い合せはこちら